no-image

男性が好きな人にとる7つの態度

女性が気になる人と恋人同士になる簡単な方法のひとつは、男性が自分に対して好意があるかどうかを知ることです。つまり、「男性が好きな人にとる態度」を知っておくことです。ここでは、男性が好きな人にとる7つの態度を紹介いたします。これをうまく利用して恋人同士になってください!!

男性が好きな人にとる7つの態度

男性が好きな人にとる態度はいくつかのパターンがあります。女性に好意をもった男性は、その女性に対して気に入ってもらえるように必死であらゆる手段を練ってきます。その思いが意識的・無意識的に態度となって表れてきます。その代表的な態度・行動をピックアップしてみました。

男性から声をかけてくる いちばん、わかりやすい態度・行動は「男性から声をかけてくる」ことです。

男性が女性に特に理由もなく声をかけてくるのは、その女性に気持ちが向いている証拠です。また、男性が女性のことをもっと知りたいと思う気持ちが声をかけるという行動にさせるのです。

メールやLINEよりも電話で連絡をしてくることが多い

男性は好きな女性を独占したいと思うものです。しかし、会えない時には「電話をする」という行動となって表れます。出会ってすぐはそうでもなかったのに、一度デートや遊んだ後、急に電話の回数が増えた場合脈ありのサインと思って良いでしょう。

長く一緒にいようとする

2人で会ったとき、帰ろうとすると「もう少しいよう!」などと引き止めて一緒にいようとする男性はあなたに好意があるかもしれません。誰でも好きな人とは長くいたいものですが、男性は直接的な態度となって表れます。

カッコイイ自分をアピールしてくる

好きな女性の前では男性はカッコイイ自分でいたいと思うものです。その人によってアピールポイントは違ってきますが、「仕事ができる」「オシャレ」「知識が豊富」など一番自信のあるところをアピールしてくるはずです。これは、男性は本能的に”他のオスに負けない点”をアピールして女性の気をひこうとするためです。

女性(あなた)のことを色々聞いてくる

好きな女性のことはすべて知りたいと思うのが男性心理です。ひつこいくらいに、あなたのことを色々聞いてくる男性はあなたに好意をもっていることが多いです。特別な感情をもっていることでしょう。

会話中に目をじっと見つめてくる

女性とは違い男性は好きな女性が話をしているとき(男性が話を聞いている時)に女性のことをよく見ようと目をじっと見つめてきます。いつもは自分のことばかり考えている男性ですが、本命の女性の話なら熱心に耳を傾けます。つまり、会話中の男性の目線を観察すれば好意があるかどうか、ある程度判断できるわけです。

何故かいつも近くにいる

男性は好意をもった女性を口説こうと近くへ寄ってきます。好きな女性にとる態度としては、会話中に自然と距離を縮めようとします。2人のフィーリングが合っていれば体の一部や手と手が触れ合っていても、どけることなくそのままの場合があります。これは「もっと体をくっつけてもいいよ!」というサインですので、この場合こちらが好意をもっているのであれば、お互いの願望を叶えて恋人同士になれる確率も高いでしょう。

いかがでしたか?今回ご紹介した以外にも男性が好きな女性にとる態度はありますが、わかりやすいものを集めてみました。男性も好きな女性の前では少なからず緊張しているものですので、女性が理解してわかりやすいOKサインを出すことで恋人になることは難しくないはずです。一度よく男性の行動を観察してみては?