no-image

医者と結婚する時に気をつけなければいけない3つのこと

いつの時代も医者と結婚したい人は多いですね。それもそのはず、頭は良いのは当たり前な上に開業医にでもなれば収入も多いですよね。

さらに、いつの時代にも病気は存在するため医者がいらないようになることはほとんどありません。しかし、医者の離婚率が多いのも事実。

そこで、医者と結婚する時に気をつけなければいけなりことをご紹介します。医者と結婚という時には是非参考にしてください。

医者と結婚する時に気をつけなければいけない3つのこと

お医者さんの診療科によってだいぶ違うことを理解する

医者の世界では花形と言えば「外科」です。高度な医療の代名詞でもあります。しかし、この外科は手術をすることが多いため精神的なプレッシャーとの戦いでもあります。

さらに、宿直など生活リズムは普通のサラリーマンとは違うため外科医と結婚したら一人っきりの夜も多くなることは覚悟していてください。

また、忙しい診療科の一つに小児科があります。小児科専門の医者は人数が日本中で足らない状態なので、夜でも診療しなければいけない時もあります。

また、診療科の種類に限らず勤務医特に大学病院に働く医者であればとても忙しいことは覚悟してください。

そのため、お医者さんは夫婦のコミュニケーションが取れなくて離婚するケースが多々あります。

 

プライドを持っている人が多い

医者になるためには、相当な勉強をしなければなれない職業の一つであるためとてもプライドが高い人が多いです。そのため、そのプライドを傷つけるようなことをした時は非常に怒る人が多いです。

さらに、閉鎖的な環境で何年も過ごしているので、普通のサラリーマンと比べると一般常識が通用しない場合もあります。人によっては、先生と持ち上げられることが多いため

勘違いしている医者もいるほどです。

 

理屈っぽい人が多い

医者は理系学部であることは、誰しも知っていることだと思います。そこで、理系の人と文系の人の違いの一つに理屈っぽいことが挙げられます。

理系の世界では、勘は必要でありますが人を説得するため論理的に話をしなければなりません。毎日そのような訓練を受けているようなものなので、

自然と理系の人は理屈っぽくなる傾向があります。

 

いかがでしたでしょうか?

結婚を考えるということはその人の良いところだけでなく、悪いところも受け入れる覚悟があるということですよね。あなたのその覚悟があれば

その後の困難もはねのけて幸せな結婚生活ができると信じています。