no-image

彼氏と別れそうになる5つの傾向と別れるべきか考える5つのポイント

どんなにラブラブな彼氏・彼女でも、容赦なく「別れ」がやってきます。彼氏と別れそうになっても、一人になりたくないと言う女性は多いですよね。別れそうになってしまっているときには、どんな特徴がよく見られるのでしょうか?

彼氏と別れそうになったときによくある行動5つ

別れそうになっている状況は誰しも居心地の悪いものです。彼氏と別れそうになってしまっている時の傾向を知り、その状況に遭遇してしまったら改善できるように、それぞれ見ていきましょう。

①無言の時間が長い

付き合い始めは、彼氏にあれこれ喋りたいことがあり、他愛もない会話がとっても楽しく感じるものです。別れそうになっているときには、彼氏にわざわざ言う事もなくなっているし、そもそも彼氏も話をちゃんと聞いてくれていないということがとてもよくあります。別れそうなカップルには、まず会話が少ないのです。

②友達との食事が増える

彼氏のよくわからない予定が増えたり、友達と飲みにいくのが頻繁に増えたりしているときは、彼氏が別れそうになっている可能性大です。もちろん本当にただ友達と飲んでいるだけのときもありますが、数が増えてくると別れそうになっている予兆なので要注意です。これは彼女側でも同じですが、「友達と遊びにいく」というのは、使い勝手のいい言い訳になります。頻度が多い場合には注意しましょう。

③自分から連絡しなくなる

別れそうになっている時期には、彼氏からの連絡が少なくなる、もしくはなくなることがよくあります。めんどくさいだとか、わざわざ連絡するような事がなくなってくるので、これも要注意です。別れそうになっていると、彼氏・彼女とのコミュニケーションが億劫になりがちなのです。

④無関心になる

彼女が髪型を変えたり、ネイルをしたり、新しい服を着たりしていても、別れそうになっている時には、わざわざそのことについて彼氏が褒めたり、意見を言ってくれたりすることは少なくなります。というか、何か変化があったことに気付いてくれなくなることも多いのです。「好き」の反対は「嫌い」ではなく、「無関心」なので、こうなるとかなり別れは近いと言えるでしょう。

⑤言い方にトゲが出てくる

別れそうになっているときには、些細なことでキツい言い方をされたり、逆に彼氏にトゲのある言い方をしてしまったりすることが増えてしまいます。これは相手への思いやりがなくなってしまっている証拠です。相手のことを思いやった、気遣いのある言葉が別れそうな時には出てこなくなってしまいます。本来は喧嘩にならないようなことでも、キツい言い方が原因で喧嘩になってしまうことは、頻繁に起こります。

いかがだったでしょうか?

別れそうになっている彼氏・彼女の傾向で共通しているのは、「相手の優先順位が低くなっている」ということが言えます。優先順位が低いから、わざわざ会話する気も起きないし、他の用事を先に入れたり、思いやりがなくなっていってしまうんです。この傾向が見えたときには、もう一度関係を見つめ直してみましょう。

「別れたいだけ」なのか「別れるべきか」

このまま付き合い続けていいのか、それとももう別れるべきか・・・。悩むことは誰でもあるものですが、それでもどちらかの答を出さなければなりません。相手のことを考えたり、今までの時間を考えると別れにくくなりますよね。でも、このまま付き合い続けても・・・。別れるべきか迷った時はどうすればいいのでしょうか?

付き合っていれば誰でも、別れるべきか考え込んでしまう瞬間はありますよね。ちょっとしたケンカや相手の悪いところが見えたりして感情的になってしまうことも。しかし、その前に、本当に別れるべきかちょっと考えてみて下さい。

①「好き」の方が多いか

好きだという気持ちがゼロになっているのであれば、別れるべきかなんて悩まずに別れています。別れるべきか迷っているのは、まだ好きだから。でも迷い始めたのには理由があるはずなんですよね。そんな時は、相手の好きなところと嫌いなところを紙に書き出してみましょう。好きなところの方が多いのであれば、まだ別れるべきか悩む時期ではありません。

②あなたが別れたいのか

友達や家族に彼を紹介したら、あんまりポイントが高くなかった・・・。あるいは友達に「えっ、あの人と付き合ってるの!?やめた方がいいよ!」と言われた。そんな理由で、別れるべきか迷ってはいませんか?大切なのは何よりもあなたの気持ち。あなたが彼のことを嫌いになったら別れるべきか考えなければなりませんが、誰かに決められるものではありません。

③家庭の問題

例えばいずれ結婚と考えたときに、相手の家庭事情と自分の家庭事情が全く合わない、ということがあります。何度話し合っても答が出ない・・・。そんな時は別れるべきなのかもしれません。しかし、その前にちゃんと話し合ってみましょう。本当は別れたくないのならば、まずは、ずっと一緒にいられる方法を考えてみるべきです。

④短所は受け容れられる?

ずっと付き合っていると、それまで見えて来なかった相手の短所が見えてくるもの。時にはそれが許せずに、別れるべきか迷ってしまうこともありますよね。でも、相手はそれほど気にしていないということも。大切なのは、まずちゃんと伝えてみること。それでも直らないのであれば、別れるべきか考えてみた方がいいのかもしれません。

⑤相手はどうしたいのか

最後にとても大切なポイントを。別れるべきか迷ったら、相手のためにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。そのときに、相手の立場に立って考えられるのであれば、あなたはまだ彼を好きだということ。別れるべきか一人で悩んで無理をせず、二人でキチンと相談してみましょう。


いかがだったでしょうか?

別れるべきか迷っている、ということは、まだ彼のことが好きだということ。そう気付いたならば無理をせず、二人で一緒に相談すべき。これまで二人で決めてきたのですから、別れるべきなのかも二人で決めた方がうまくいくハズです。