no-image

好きな人とのメールの頻度をアップさせる方法

恋人との日頃のやり取りのツールの一つにメールがありあす。電話と違い、気軽にできるメールは私たちにとってもはや、なくてはならないものでしょう。でも、恋人や、好きな人からのメールの頻度が最近少ないような気がしている貴方に好きな人とのメールの頻度をアップさせる5つの方法をお伝えします。

好きな人とのメールの頻度をアップさせる方法

メール1回に対して1つのクエスチョン

500文字近いメールの文章を送る方もいらっしゃいます。1回のメールの中に、いくつものクエスチョンマークがあり、メールを読んでいる側としては、「この人は、いったい何の質問をしているのだろう?」と読んでいるうちによくわからなくなり、正直メールを返すのが億劫になりますよね。

メールは電話と違いやりが出来るところが利点です。好きな人とのメールの頻度を上げたいのなら、メールの文章は短めにすることをお勧めします。しかし、「うん。」や「はい。」などの短すぎるメールの返しも冷たい印象を相手に与えてしまうので、短めの文章にひとつのクエスチョンを付け加えて相手に質問を投げかけるようなイメージのメールをしてあげると相手はメールを返しやすくなり、メールの頻度が上がります。

クエスチョンには必ず理由をつけて返信する

まだ、それほど親しくない間柄の人に対してメールを送る時に気をつけたいことなのですが、

受け取る側が女性の場合は特に、クエスチョンをつける時に理由を欲しがる傾向があります。たとえば、

「イタリアン好き?」と聞くとします。すると受け取る女性は、「好き。」と答えたら一緒に食事に誘われてしまうのかしらと、深読みしてメールを返しにくくなり返信が遅れてしまう事もよくあることです。そのために、「イタリアン好き?」というクエスチョンに対してそれに対する理由付が必要になってきます。

例を書くと、「この前、友達にイタリアンに連れて行ってもらったんだ。イタリアンってファミリーレストランの物しか食べたことがなかったからとても美味しかったんだ。○○ちゃんはイタリアンって好き?」のように聞いてみましょう。すると、「私をデートに誘いたいのではなく、お話しがしたいのだな。」ということが伝わりメールの返信をしやすくなります。

相手の好きな事をメールしよう

好きな人とのメールの頻度を上げたいのなら、まず、その好きな相手の好きな話題をふってあげましょう。

その人が映画が好きな人であれば、自分なりに、今やっている映画をリサーチします。知らないことほど細かくリサーチすると話をする時に、深みが出ますので、どんな内容なのか、どの映画館でやっているかなども調べておきます。そして、好きな人にその話をメールするのです。人間自分の興味のない話をされても面倒臭いで終わってしまうのに、好きな話しをされると、ついその好きな話しをわかってくれる人と話がしたくて、メールを返してしまうのです。メールをする時に、よく自分の話ばかりする人がいますが、

正直それでは話がつまらなくなる一方です。相手の好きな話題をメールの中に入れてあげるとメールの頻度は、確実にあがります。

相手の気持ちを考えてあげよう

メールが少ないからといって、相手をすぐに責めてしまう人がいますが、少し立ち止まって考えてみましょう。自分とは、別の環境、別の世界、別の親、すべて違う環境で育った人です。メールに対しての意識が自分と同じだと思っていると、回数に対しての不満がお互いに出てきます。一方は、回数が少ないと悩み、もう一方は、ちょっとメールが多すぎて苦痛だと感じていたりする場合もよくあります。

恋人同士であれば、デートをした時に、さりげなくメールについて話し合ってみるのをお勧めします。

メールの回数は多すぎるか少なすぎるか、どういう時にメール控えて欲しいかを正直に話しておくのです。そうすることで、相手も、自分にもストレスが溜まることがなく、お互いにメールを楽しみながらすることができるようになります。もし、片思いや、気になっている人であれば、観察が必要になってきます。

先ほどと、同じように聞いてしまうのが一番早いのですが、それができない場合、相手の行動パターンをよく観察します。メールをよくチェックする人であれば回数は多めでも良いでしょうし、逆に1日に数回しか携帯を開かない人に対して、たくさんのメールを送るとびっくりされてしまいますね。常識の範囲というのを守ってメールをしてあげる事が必要になってきます。

少しオーバーに感情を伝えてみよう

メールは電話とは違い、声のトーンが伝わりません。同じような事を声で伝えるのとメールで伝えるのでは、メールの方がどうしても冷たい感じがしてしまったり、楽しい、うれしいという感情がストレートに伝わりにくいという面がデメリットでもあります。それを改善するためには、メールの文章を少しオーバーな感情表現で書くという事です。

たとえば「嬉しかった。」だけより、「とても、とても、もう、とっても嬉しかった。」という風に感情を言葉にして付け加えてみるのです。そうすることで相手のリアクションがメールを見ただけで手に取るようにわかり、メールをすることが楽しくなってきます。相手を楽しくさせたらこっちのものです。このテクニックを使うと好きな人とのメールの頻度が格段にあがります。

ここに書いたメールテクニックを使えば好きな人からの返信か確実に早くなり、頻度も格段に上がること間違いないでしょう。

しかし、間違えて欲しくないのは、メールの頻度だけが好きな人との関係のすべてではないということです。メールが苦手な人もいますし、逆にとてもメールが素早くすぐに返信してくれる人もいるでしょう。でもそれは、お互いの好きという気持ちを図るものではないのです。お互いに心地の良いペースで楽しいメールができること。それが一番の大切なポイントになります。