no-image

社内恋愛に発展するきっかけと社内恋愛がばれるきっかけ

社内恋愛をしたことがありますか?そんな質問をよく耳にします。実はこの社内恋愛、二人に一人が一度は経験しているという程の確率だというので驚きです。社内恋愛と言えばやはり同僚や上司に二人の関係がバレてしまった時の気まずさだったり、別れてしまった時の重たい空気を嫌って避ける傾向にあるとばかり思っていました。しかし、実際はありふれた恋愛の形でした。ではなぜ社内恋愛がこんなにも多いのでしょうか。ここでは社内恋愛に発展する5つのきっかけをご紹介します。

社内恋愛に発展するきっかけ

直接仕事を教えてもらってから

やはり人は誰かに何かを教えてもらう時、その人に対して特別な感情を抱くようにできているようです。仕事を教えてもらうということは他の同僚よりもより密接に繋がるということです。時間的にも一緒にいる時間が長くなることは必然ですし、自分が知らないことを知っているというのは魅力的に感じるものです。その上、優しく教えてくれる人ならなおさら恋心を抱いてしまっても不思議ではありません。こういった直接仕事を教えてもらってから相手を意識するようになったという人は多いようです。

 

会社の集まりに参加してから

会社に勤めていると会社関係の集まりに参加することは今の社会ではまだまだ当たり前のようです。人間関係を円滑に進めていくためには、勤務時間外でも会社の人との付き合いを大事にしなくてはと考えている人が多いようです。飲み会は定期的に、運動会やキャンプなども開催している会社もまだまだあります。そんな会社の集まりに参加して、それまで他部署で関わりのなかった人とも接する機会が増え、それが出会いとなって社内恋愛がスタートするパターンも多いようです。普段は別の部署にいるため、社内恋愛と言えどもそれほど会社の仲間だということを意識することなく自然と出会えることが恋愛に発展しやすい理由の一つのようです。

 

偶然、街でバッタリ会ってから

会社の人と偶然に街でバッタリ会ってから意識するようになったという人も多いようです。普段は会社の中でのイメージが出来上がっていたけれど、街で私服の相手を見てイメージが変わったなどが大きな理由になっているようです。男性ならスーツ、女性なら制服で働くことが多い職場では普段の相手のイメージはなかなか想像しにくいものです。普段のイメージとのギャップが妙に心に残ることで次に職場で会った時に不思議な気持ちを抱いてしまったという人もいるようです。またこのバッタリ会った時にお互い一人で、一緒にランチすることになってからという急展開な関係もあるようです。会社と違って他に自分たちの関係を知る人がその場にいないことから積極的に相手を誘えるメリットが急展開に至った要因でしょう。

 

落ち込んでいた自分を励ましてくれてから

職場はもちろん仕事をする場所です。しかしその仕事、誰もがうまくいっている時ばかりではないと思います。仕事でミスをして上司にきつく怒られた、営業がなかなかうまくいかずに自己嫌悪など、やはりネガティブな感情の時もあると思います。そんな時に優しく励ましてくれる同僚がいたら惚れやすくなってしまうのも無理はないと思います。仕事のことを知らない人から「大丈夫だよ」と言われてもなかなか受け入れにくいものですが、仕事を理解している相手だからこそその「大丈夫」に説得力があり素直に聞くことができると思います。そんな状況から社内恋愛に発展していくケースも多々あるようです。

 

残業を一緒にこなしてから

人は何かに立ち向かっている時、一緒に立ち向かってくれる人に対して無条件に好意を持つと言われています。課せられたノルマを達成するために一緒に夜遅くまで残業するというようなシチュエーションはまさしくその構図に当てはまると思います。夜遅くまでとなると残っている人も多くはないでしょうし、もしかしたら二人きりかもしれません。そんな時、仲間意識が芽生えて相手に好意を抱くようになるのです。これは残業に限らず、一緒にプロジェクトを成功させるとか売上ノルマを達成するなど同じ目標を持っていれば社内恋愛に発展しやすい傾向にあります。

 

社内恋愛に発展する5つのきっかけをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。二人に一人は社内恋愛経験者ということになりますから、世の中の恋愛はその半分が社内恋愛と言っても過言ではないでしょう。

もちろん色々な出会い方があると思いますが、職場というのはかなり自然な状況で出会える空間と言えると思います。今は草食系で恋愛にはあまり積極的ではない男性が増えている世の中ですから、自分から合コンに参加したりナンパしたりというのが少ないのは事実です。

自分で出会いを作らなくてもいい社内恋愛はもしかしたら草食系男子の願いなのかもしれません。とすると、今後はもっともっと社内恋愛が増えていく傾向にあるかもしれませんね。そんな視点で見てみるのも面白いものです。最後までお読みいただきありがとうございました。

社内恋愛がばれるきっかけ

働く世代の男女は、一日の大半を会社や職場で過ごしているという方も多いでしょう。その分、社内での出会い、恋に落ちる可能性も上がります。社内恋愛で結婚するカップルも多いです。職場の上司や同僚と付き合っている方、あなたの周りにも意外と多いのではないでしょうか。

社内恋愛をしているカップルは業務に支障が出ないようと、秘密にしている人が多いです。また、別れたあと、気まずくなってはいけないから内緒にしようと決めているカップルもいるでしょう。秘密にしていることで気苦労も多いはずです。ちょっと気を抜くと、ばれるかもしれないと思うからこそ、気が抜けないものです。

それでも、社内恋愛はふとしたことで周囲が気づいてしまうということもあります。ばれるきっかけは一体、何でしょうか?社内恋愛をしているという方は知っておきたいことです。できれば、社内でばれずに、恋を楽しみたいものです。

会社の近くで待ち合わせしているところを見られる

恋人同士なら退社後にデートという日もあります。一緒にいることが多ければ、必然的に同じタイミングで会社から帰るということになります。退社したあと、会社の近くのカフェや駅で待ち合わせする方も多いでしょう。 

しかし、会社の近くは会社の人が最も出没しやすいスポットでもあるのです。二人が気づかないうちに、いつの間にか見られてしまったということも起こりやすいのです。会社のそばでの待ち合わせを見られてしまうことは、社内恋愛がばれるきっかけとしてとても多いケースです。

できれば会社から遠いところで待ち合わせをするほうがベターです。また出社・退社は時間をずらしたほうがばれにくいでしょう。

 

同じ時期に休暇をとる

二人で一緒に旅行に行こうと思ったら、やはり日程を合わせて休みをとることになります。しかも旅行となると、長期になります。

しかし、同じ時期、同じ期間に長期の休みをとっていると、どうしても社内では目立ってしまうものです。全く違う部署なら良いのですが、同じ課、同じ係などに所属していると、目立ってしまいます。 

旅行などの長期休暇はばれるきっかけになることが多いです。できれば、旅行は会社が定めている長期休暇の時期などに行っておくことがベターです。みんなが休みをとる時だけ一緒に休みをとり、思いきりデートしましょう。

 

アイコンタクトが多い

意外と雰囲気でばれてしまうということも多いものです。相手に対する喋り方や態度、付き合う前と変わっていませんか?本人たちは変わっていないつもりでも、社内の人は気づいているかもしれません。 

特にばれるきっかけになりやすいのが、アイコンタクトです。喋り方や態度は以前と変わらなくても、恋人同士であれば目を見つめる機会が自然と増えてしまうものです。それを周囲の人は「最近この二人、アイコンタクト多くなった?良い感じ」と思っているのです。

恋愛初期のラブラブな時期は特に、声のトーンや表情にも変化が出てしまいがちです。できるだけ以前と変わらない態度をとるようにしましょう。

社内では全く話さないのに仲が良い

時々、社内では全く仲良くないのに、飲み会や打ち上げではとても仲が良い二人っていませんか?

あなたなら、二人のことをどう思いますか。「あれ?いつ親しくなったのだろう・・・」と不思議に感じるのではないでしょうか。それがきっかけで「二人、もしかして付き合っているの?」と疑われてしまうことも多いです。

普段、ばれないようにと気をつけて、全く話さないでいると、飲み会などで一緒にいるときとの態度の差が大きくなってしまいます。そうすると余計に目立ってしまうので、会社でも他の人と同じように世間話くらいはしておきましょう。

 

SNSに共通点が多い

最近はSNSにプライベートで出かけた場所を載せるという方も多いでしょう。気をつけてほしいのは、載せる写真の背景です。 

二人で一緒に撮った写真を載せていなくても、同じ日に同じ背景の写真を載せてしまうとばれるきっかけになりやすいです。また、同じ日に同じ映画を見ているなど、行動が一致しすぎていても、SNSやブログを見た同僚に、二人の関係がばれてしまいます。SNSやブログの内容がきっかけでばれてしまうことはとても多いです。

意外と同僚のSNSをチェックしている人はたくさんいます。あなたもSNSで同僚のアカウントを見ることもあるのではないでしょうか。SNSでは、不特定多数の人があなたの情報を見ることができるので、噂になりやすいです。気をつけましょう。細かな情報はSNSに書かないようにしましょう。

 

いかがでしょうか?社内恋愛をしている方、ばれたくなければ慎重に恋を育みましょう!