no-image

復縁のきっかけ、復縁のしたい時の過ごし方

例え別れてしまったとしても一度付き合った人の事ってどこかで気になるものですよね。そして何かのきっかけで「やっぱりこの人と一緒にいたい」と復縁するカップルも少なくありません。復縁したきっかけにはどんなケースがあるのでしょうか?

復縁につながるきっかけ

別れてしまってから相手の大切さに気付き復縁したいと心に思っても、自分からなにかしらのきっかけを作らなければ進展はしにくいです。それでは、実際に復縁できたカップルはどのようなきっかけがあったのかお教えします。 復縁のきっかけには、さまざまなケースがありますね。別れてしまったけれど、1度は心から愛した人ですから、何かしらのきっかけがあるとお互いの心がもう1度惹かれあい、復縁につながりやすいものなのです。

メールや電話

ただ単に「別れたくない」「やり直したい」と相手を追いかけまわすように、ひたすらにメールを送ったり電話をし続けても復縁には繋がらず、きっかけを逃してしまいます。多くの人の心理として、追われれば追われるほど逃げたくなるのです。逆に、付き合っていた頃には頻繁に連絡を取り合ってた2人が別れた途端に連絡がなくなると寂しくなり、「どうしているかな」と考えるものです。別れてすぐに連絡を沢山し続けるのではなく、ある程度の時間をおいてから久しぶりに「元気?」と連絡してみると復縁のきっかけになりやすいのです。

友人に飲み会を開いて貰う

復縁をしたいと思っていることを友人に相談し、友人に元恋人と会えるきっかけを作ってもらいます。少人数では気まずくて相手が参加してくれない可能性もあるので、元恋人が来てくれるように、できるだけ大勢集めてもらうことも大切です。その再会がきっかけで復縁に繋がるのです。

Facebook

復縁したい相手と連絡がとれなくなってしまったという人は、Facebookを利用して復縁したい相手を探す、もしくは復縁したい相手の友人を探して連絡を取ってみるのも復縁のきっかけになります。

街で偶然出会う

駅や商業施設など街で偶然、別れた相手と会ってしまうことって意外とありますよね。思わず声をかけてしまったり、もしくはその時は話せなかったとしてもその偶然の再会がきっかけで、気になってしまい連絡をとり復縁に繋がるケースもあるのです。

誕生日に連絡する

どんな人からでも誕生日に「おめでとう」と連絡をもらえるのは嬉しいものですね。それが元恋人からとなるとまた特別な感情が湧きあがります。それをきっかけにまた連絡をとりあう仲となり、復縁するカップルも少なくありません。

同窓会で再会

学生時代に一度はダメになってしまったけれど、当時のことを思い出そうとすると良い思い出ばかりが頭に浮かぶものです。同窓会がきっかけで大人になった2人がまた惹かれあい復縁するケースもあります。

真剣に謝る

付き合っていたカップルが別れてしまうのには、何かしら理由があります。それが自分がしてしまったことで相手を傷つけてしまい別れるきっかけとなってしまった時には、相手へどれだけ反省しているのか、真剣に誠意を伝えることが復縁のきっかけとなります。

復縁できた人だけが知っている方法

付き合っていたカップルが別れてしまうのには、何かしら理由があります。それが自分がしてしまったことで相手を傷つけてしまい別れるきっかけとなってしまった時には、相手へどれだけ反省しているのか、真剣に誠意を伝えることが復縁のきっかけとなります。

復縁したい、復縁できたら何もいらない。どこにこんなエネルギーが眠っていたのかと思うほど復縁を願う力は強いものです。それだけにエネルギーの使い方で結果は変わります。では復縁できた人はどのような使い方をしたのでしょう?

復縁できた人には、ある共通の心の状態があります。辛いかもしれませんが、それには自分を見つめなおすことが必要です。ではそこに至る効果的な7つの方法を見てみましょう。

落ち着いて過ごした

落ち着けない、彼が離れていくかもしれないのに!と思うかもしれません。そして長々と気持ちを書いたメールを送る…、逆効果です。復縁できた人は、落ち着くことに力を使います。今、避けることは人として嫌われること。恋愛という人間関係は普通よりこじれがちです。

別れの原因を受け入れた

復縁できた人は、別れの原因を知っています。彼への不満を知り、それが態度に出ていなかったか、本当に復縁したいのかわかっています。逆に彼の不満も知っています。別れた原因を探れば、相手が何を我慢していたか、傷ついていたのかを見ることができ、落ち着くことができます。

自分のパターンを知った

いつも同じ理由で別れる場合、これを知ることが大切です。パターンとは考え方の「型」です。同じ型のまま復縁成功者のマネをしても上手くいをしまません。型の確認です。あなたは自分が好きですか。YESでないのなら、依存していたかもしれません。依存と愛は違います。自分を好きになり自信をもつことが大切です。

自分の魅力を開花させた

ある日Aさんが現れました。Aさんは元彼にない魅力を持っており更にあなたを好きな様子。それでも復縁を選びますか。Aさんと新しい恋を…と思いませんでしたか。それでもあなたが元彼を選ぶなら、元彼は魅力的なのです。外見だけではありません。あなたが持つ魅力を探り開花させるなら、必ず自分を好きになっています。

距離感が正しかった

結果を焦らないことです。相手が感情的になっている場合は「元気?体調くずしてない?」など思いやりのある内容で様子を見ます。復縁できた人に共通するのは「待つ力」です。子育てのように自分の思い通りにならないものを見守る力です。逆にこちらが距離をおかれているなら原因を確認します。反省があれば相手の立場に立つことができます。

変化を楽しんだ

悲しみをひきずるより、今を楽しみます。彼の趣味に合わせず、自分のオシャレを楽しむのもアリです。彼だけでなく、世の男性に自分の魅力をみせてあげる!くらいのモチベーションをもっていると、元彼はその他大勢の一人になります。私に惚れたの?あなたと復縁してあげてもよくってよ、くらいの気持ちでOKです。

一喜一憂しなかった

彼がメールをくれた、復縁できた!と気分が高まるのは仕方ありません。喜んだあとは落ち着きを取り戻します。期待せず、返事がくるといいな、くらいに戻れば自然に笑顔になります。その状態でやりとりを続けると、落ち着いた感情にだんだん慣れていきます。

復縁できた人は、変化を恐れなかった人です。恐れなければ、だんだん頭と心の整理がつき、いろいろわかってきます。復縁へ向かう大きなエネルギー、これを自分育てに使ったことが、復縁できた人の成功法と言えるでしょう。