no-image

時期別で考える復縁の期間と元彼、元カノとの接し方

恋人としての別れの際、今生の別れを選ぶ方も居れば復縁を選ぶ方も居ます。復縁を願う場合、それを達成させようとする期間の内、どの時期に動き始めるかで結果と内容に変化がある事は意外と知られていません。では、復縁を願っている期間はどのように立ち回ればいいのでしょうか?

時期別で考える復縁までの期間とタイミング

元恋人との復縁を願い、その想いを真っ直ぐに伝えるもの悪くありません。しかし、それを行う為の適切な時期・期間というものが存在し、そこだけはしっかり押さえておかなければなりません。では、その復縁に適切なタイミングを5つにまとめました。

数日

ただの喧嘩別れの場合、この期間で復縁する可能性があります。要するに、冷却期間がそれほど必要の無い案件である場合、ほんの数日程度で復縁となり得るのです。ただ、その冷却時間が短く済んだのは自分「だけ」かもしれません。相手はまだ怒り心頭で、あなたに対する嫌悪感で埋め尽くされている可能性があります。ここはいっその事、全面的に謝罪しましょう。

半年

この期間は、自分もそうですが相手も「恋人の重要性」を再認識し始める期間です。それほど根が深くない別れ方の場合は、この期間で十分に復縁が狙えます。別れて「一度も」お互いに連絡をしていない場合は、電話を掛けるか直接会いに行って「相手の反応を伺ってから」復縁を臭わせてみましょう。この時点で、まだ相手にそういう気が無い場合は、もう少しだけ期間を置くのも手です。

一か月

この期間にまでなると、この期間中に適度な連絡の取り合いをしていないと復縁の可能性は低くなります。道ばたでばったり、で復縁となるケースもありますが、確率としては皆無と言って良いでしょう。よって復縁関係無しで、この期間を超えてしまう前に相手に連絡を取る事が必要です。復縁を臭わせるのは後回しにして、まずは関係を維持する事が必要となります。

三か月

正直なところ、この期間に差し掛かるまで一度も連絡を取っていないとなると、復縁の可能性が極めて低いと言わざるを得ません。逆に、別れてからこの期間まで連絡を取り合っていた場合は、他の期間には無い大きなチャンスとなります。簡単に言えば、相手がこの期間まで連絡を取り合っている場合、まだあなたに愛情が残っている確かな証拠なのです。ここは迷わず相手に突撃しましょう。

一年

この期間まで来ると、もはや連絡有る無し関わらず復縁の可能性は0と言っても良いでしょう。相手があなたと連絡を取り合っているのも、もはや愛情ではなくただの「情」でしかありません。しかし、無理と分かれば当たって砕ける気持ちで突撃してみるのも悪くはありません。自らの手で結末を作りましょう。もし、それで相手からOKが出れば、その相手はきっと生涯を共にする相手なのです。

その時期・期間で復縁となるタイミングはまちまちです。相手の人柄や性格、考え方を考慮して行動すると良い結果となる得るでしょう。ただし、相手に復縁を願う気持ちがあればこそ、となりますのでその辺りは注意しておきましょう。

彼氏と元カノが「その後」も続けられる方法

一般的な「別れ」の解釈は、「彼氏元カノが事後、接点を持つ事はない」が普通です。しかし、恋人としては一旦終えたいが、関係を切りたくないと思うわがままな方は多く存在し、今回はその為の5つの方法を記述します。

相手との別れ方

元カノとの別れの際のやりとりが、今後を決めるターニングポイントとなります。例えば、元カノの嫌なところを彼氏であるあなたにくどくど言われた後に別れて、元カノは「また彼氏と復縁したい!」と思うでしょうか?要は別れ方でどうにでもなるのです。あくまで落ち着いて、嫌いじゃない距離を置きたい等の、少しはぐらかしたニュアンスで別れましょう。しかし下手をすると、別れる必要がないと解釈されてしまいますので、「別れたい」という意志は必ず伝えましょう。ここをはっきりしないと、元カノが「まだ彼氏と続いてる?」と困惑するからです。

連絡を絶たい

少しうやむやになった別れとなりましたが、それはかえって好都合です。元カノが「まだ彼氏が好き」と思っているならしめたものです。彼氏であるあなたは、元カノへの連絡を経たないように配慮しましょう。ただし、恋人時代のような頻繁な誘い方は厳禁です。結果的に、なし崩しで関係が戻ってしまうからです。「連絡はしているが、あくまで友人関係」というスタンスを崩さないようにしましょう。あなたは「元」彼氏なんですから。

今の関係の利用

元カノとは別れ、今は友人関係にあります。と言うことは、女性関係において束縛するものは何もありません。あなたの自由に行動出来ます。しかしちょっとだけ踏みとどまって下さい。あまりふしだらな女性関係を続けてしまうと、いずれ元カノの耳に入り友人関係すら崩壊する可能性があります。それでも元カノに言われる筋合いは現状ありませんが、元カノとまだ関係を続けたいのであれば、一応「元」彼氏として配慮した行動を心がけましょう。決して、元カノのあなたへの好意を良い事に、都合の良い女扱いするのは止めましょう。

違った視点

恋人同士では見えなかったところも、友人関係となれば見えてくる部分もあります。今の元カノは彼氏であったあなたから見て、どのように見えていますか?「やはりこのまま友人で・・・」「やっぱり元カノじゃないとダメだ」等、色々な思惑が頭をよぎる事でしょう。このまま元カノを友人として、自分に好意を持つ者として利用する手段もあります。そして、自分の知らなかった元カノを見て、やはり彼氏として側にずっと居るという手段もあります。決断は、現在「元」彼氏のあなたです。

気持ちを新たに

一度別れを選択したにも関わらず、再度彼氏彼女の関係に戻ってしまう事は、周囲からだらしなく思われるでしょう。しかし、それは二人の問題であって周囲からとやかく言われる筋合いはないので気にする必要はありません。ただ、別れに伴い迷惑を掛けた関係者へは謝罪するべきです。改めて元カノを想ったあなたは、遠慮なく彼女へもう一度告白して下さい。ただし、別れている期間で元カノが別の男性を好きになっていたら話は別ですが、現状で友人関係が構築されており、且つ元カノから新しい恋人の報告が無ければ大丈夫であると確信しましょう。その後あなたは再び彼氏として、気持ち新たに二人で歩んで行って下さい。

別れても関係を続けたいと思うのは、たしかにエゴでしかありません。しかし、結果的にハッピーエンドを迎える事が出来たなら、どれだけ幸せな事でしょう。ただし、好意を利用するのはもっての他ですので絶対にやめて下さい。