no-image

理系男子が恋愛でおかしてしまう間違い

理系男子はそうでない男子に比べると、特質である場合があります。理系男子はそれに気づいていないことが多く、そのため恋愛でも失敗してしまうこともあるのです。恋愛は理系ではありません。なので、理系的考え方でとらえてしまうと、とても危険なこともあるのです。
それでは、理系男子が恋愛でおかしがちな間違い、ご紹介いたします。

理系男子が恋愛でおかしてしまう5つの間違い

 

感情について理解しようとしない

理系男子の特徴としては、感情のような曖昧なものを理解するのが苦手です。なので、彼女の要求に意味がわからないことがあります。「もっと会いたい」という彼女の甘えも先週も会ってるのにこれ以上会うのかと思ってみたり、「今度は遠くに行きたいね」という提案も一緒に色んな所に行きたいという彼女の気持ちの表れでも、「時間がないと無理だよね」など、結論を先に述べて、気持ちを汲むことが苦手な一面をもっています。

恋愛においてはそういった結論に目を向けるのではなく、彼女が言ったことに対しての気持ちを考えるようにしましょう。理系男子特有の冷たさはここからきています。女性は感情で物事を話します。それが苦手な理系男子にとってみると、「じゃあどうすればいいの」と突き放します。そうではなく、彼女が求めているのは一緒に考えるという態度がみたいのです。

一緒に繋がっているということを女性は一番求めます。なので彼氏は優しい方が女性にとってみたら嬉しいのです。

 

言わないから大丈夫だと思ってしまう

女性は彼氏と一緒にいるときに、彼氏に気づいてほしくてわざとふてくされてみたり、何も言わないで我慢したりすることがあります。ですが、理系男子はこれに気づくことが苦手です。思ってることは言わないとわからないというのは男性の特徴ですが、それ以上に理系男子にとっては、「もうちょっと一緒にいたいけど、彼女も何も言わないし帰ろうか」と自分の気持ち優先で物事を考えたりしがちです。

女性の気持ちは複雑で、扱いづらいと思うこともあるでしょう。ですが、自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちも理解してあげようと自ら聞きだすということが求められるのです。

理屈で恋愛を考えてしまう

恋愛は理屈ではありません。ですが、理系男子にとってみたらどんなことでも理屈に当てはめて考えてしまいます。好きだから一緒にいる、仕事だったから会わない、そういう単純なことではなく、ふとしたときに彼女のことを考えて、メールや電話を入れてみたり、寝る前のメールに喜ぶ女性を知ってみたり、たくさん説明のつかない感情は恋愛にはたくさんあるのです。

なので、ケンカをして謝らないから仲直りしないというように、何かがないと行動しないというのではなく、彼女のことを考えて自分の行動を起こすことを考えて恋愛してみるようにしてみましょう。

過程を大事にしない

理系男子に多いのは、過程は対して大切にしないということです。よく、思いつきで行動を起こす男性がいますが、女性にとってみたらそこに至るまでの過程も含めて彼氏との時間を楽しみたいと思っている人が多いです。

例えば旅行の計画をするとき、彼女はガイドブックなどをみながら、どこへいこうかと計画を立てたがります。ですが、理系男子はそれをあまり好みません。目的地へ行って、名物を食べればそれでいいと、彼女まかせにしてしまいがちです。本来なら、一緒にガイドブックに目を通すだけでもいいのです。旅行当日だけでなく、旅行の前から一緒に楽しむことをしてあげましょう。

何事も、その日だけこなせばいいというものではないのです。

彼女からのツッコミに本気で怒る

最後は頭のいい理系男子はとくにこの境目がわからず、すぐに本気になってしまうという間違いです。例えばお気に入りの服をみせて、それを冗談で返されたとします。でも、理系男子はその冗談を本気でとり、お気に入りの服をけなされたと思い、怒ったりするのです。

理系男子には気持ちにアバウトさが欠けている人が多いのです。なので、すぐにきれてしまう短気な人や、真面目すぎて真面目に返してしまう人が多いのも理系男子ならではなのです。

そうならないためにも、気持ちに余裕をもつことと、物事の味方をもっと広くもつこと、また自分を客観的に知ることが大切です。自分の考えを押し付けず、また彼女の価値観を理解することで、その世界観は見えてくることでしょう。

 

理系男子のみなさんは思い当たるふしがあったでしょうか。理系男子だからといって、恋愛に不利ということは一切ありません。理系男子は見てわかるように自分の気持ちを取り繕うということを極力しないので、正直な気持ちで付き合うことが出来ます。チャラチャラとしているチャラ男よりは断然、理系男子の方がいいと思っている女性はたくさんいます。

あなたも理系男子というところを生かしながら、これらの注意を頭において恋愛をもっと上手に楽しんでみて下さい。