no-image

好きな人がする態度や視線でわかる5つの事

好きな人ができた時その人が自分の事をどう思っているのか?気になりますよね。好きな人の自分に対する態度や視線を観察することは自分の事をどのように思っているか?を読み取ることにつながります。

では、どのような態度や視線の動きが自分のことを好きと思ってくれているのか?または嫌われているのか?をここではご紹介したいと思います。

好きな人がする態度や視線でわかる5つの事

①目がよく合う、または目があわない

誰しも好きな人を見ていたいという欲求があります。しかも、無意識のうちに好きな人を見つめていることも。特に女性は男性よりも好きな人の目を長く見つめる傾向があります。 また、男性は好きな女性や好みの女性と話をしている時によく相手の目をみつめながら話をします。男女ともに共通する部分としては相手に対して興味や好意を持っている度合いに比例して視線量が増加します。 逆に相手に興味がない場合や嫌いだと思っている場合は視線を向けようとしません。これにより、目が会う機会がぐっと減ることになります。 ただ、気をつけなければいけない点として、人見知りの人や恥ずかしがり屋の方は「好き避け」という行動をします。好きだからこそ、目線を向ける事ができないということがあります。これにより、相手の性格を少し知っておく必要がありますね!! 近距離で視線をあわして話をする時に相手の目がキラキラと輝いてみえるかどうかも判断基準となります。好きな人を見ると人は無意識に瞳孔が開きます。これにより、目が輝いているように見えることがあります。

②しぐさや行動が似ているかどうか?

一度、カフェなどで話をしているカップルをそっと観察してみてください。しぐさや行動が似ていることがあります。心理学的にはミラーリングと言って、好意を持っている相手の気持ちをわかろうと無意識に同じ行動をすることがあります。 男性が腕を組んだら、少し後に女性も腕を組む。飲み物を飲んだら、相手も飲み物を飲むなどです。無意識に行う行動なので、行動している人自身は自分のペースで行っていると思っているのですが、実は相手に行動を引っ張られているのです。 これは非言語コミュニケーションのひとつと考えられますので、好きな人と話をする時に客観的な目で相手の行動を観察してみてください。慣れてきたら、飲み物を飲んでみたり髪を触ってみたりしてアクションを起こしてみてから観察することで、好意を持っているかの判断の一つに使えますよ。

③話し方や声のトーンが変化する

誰しも好きな人の前では最初のうちは緊張するものです。人間はその緊張を隠そうとする意識が働いて、普段とは話し方や声のトーンが変化します。 男性は一般的に好きな人の前では「格好をつけたい」という心理が働き、口数としては減る傾向があります。逆に女性は好きな人が現れるとテンションがあがり話すテンポが急にあがったりします。 女性の方が感情豊なため、男性よりも変化がわかりやすいです。 また、男性で言うと好きな人の前で声のトーンが低くなる人もいるようなので、普段の話し方がわかる友達などに見てもらうのも一つの手かもしれませんね。

④話をする時などに距離が近い

好意を示す行動の中に物理的な距離が近いということがあります。これはパーソナルスペースと呼ばれているもので、人間における心理的な縄張りです。 つまり、好意を持っている人はその縄張りに入ってきてもストレスとならない。さらには出来るだけ近づきたいという心理のため距離が近くなります。 また、向かい合って話をしている時などは相手が前のめりになっていないか?も判断基準となります。好きな人の話はよく聞きたいと思いませんか? そのため、座っていても上半身は前のめりになって話を聞いていたりします。ただし、単純に興味のある話の場合でも前のめりになって話を聞きますので注意が必要ですが。

⑤笑顔が自然かどうか?

非言語コミュニケーションで一番感情がよく表れるのが顔の表情です。好きな人と話をしている時には心から楽しいため、自然と笑顔になるものです。 逆に嫌いな人と話をする時にどんなに嫌いなことを隠そうとしても、笑顔が不自然だったり、表情が引きつっていたりします。そのため、笑顔が自然かどうか特に、顔の左側の表情がどうかをみてください。 顔の左半分は右脳が支配しているので、イメージや感情を司る右脳で感じていることが顔の左側に表れます。そのため、顔の左と右で表情が違っていることもあることが、心理学の研究でわかっているほどです。 笑顔が自然かどうか?相手の気持ちを知る上で、大切になってきます。

いかがでしたでしょうか?
人の感情が行動や態度に表れるパターンを5つ紹介してきました。これ以外にもあるとは思いますが、素人でもわかるものを調べてみました。 意外と人間は無意識の領域で生きていることが多く、感情が知らないうちにその人の態度として表れているものですので少し意識して観察してみてください。 また、自分がどのような行動をとっているか?も客観的に観察することでより理解ができるようになりますよ。

まとめ 好きな人がする態度や視線でわかる5つの事

  1. 目がよく合う、または目があわない
  2. しぐさや行動が似ているかどうか?
  3. 話し方や声のトーンが変化する
  4. 話をする時などに距離が近い
  5. 笑顔が自然かどうか?